★岩渕まこと & 由美子 チャペルコンサート
 
2011年10月23日(日)
  13:30開場 14:00開演

 
今回は、クリスチャンアーティストの中でも最も人気のある岩渕まことさん、由美子さんご夫妻をお招きしています。
 岩渕さんご夫妻には、ギターの弾き語りによるデュエットをお届けいただきます。岩渕さんは、かつて芸能界で活躍しておられましたが、クリスチャンとなられ、最近では拉致被害者の横田めぐみさんのお母さんが作詞された「コスモスのように」に作曲なさり、お二人のデュエットでCD化され、救出活動のために用いられています。また、星野富弘さんの詩に作曲をされ数多くの曲をCD化なさっています。この他にも、8歳の娘さんを天に送られたご経験、またご夫妻とも仙台のご出身でいらっしゃることから、この度の震災においても様々な活動をなさっておられます。昨年は作曲された「God Bless You」という曲の全国キャンペーンが行われ、日本全国のみならず、アジア諸国の言葉に翻訳されCD化されました。その暖かい歌声はもちろん、数々の感動的なお話しに、大きな恵みを受けられるものと思います。
 今、最もご活躍中のお二人に、このすばらしい季節においでいただけることは何よりの喜びです。
     
 主な曲目  コスモスのように、God Bless You、父の涙、ぺんぺん草 ほか多数


 チケット:当日券\1,500(中学生以下半額)
              
※駐車場の混雑が予想されます。できるだけ公共の交通機関か、自転車などでお出かけください。


★演奏者プロフィール
 
岩渕まこと
 
1977年、日本コロムビアよりシンガーソングライターとしてデビュー。ソフト&メローと言われた歌声は数多くのCMにも起用されている。またドラえもんの映画「のび太の宇宙開拓史」のテーマ等も歌っている。
 1980年、小坂忠氏との出会いを通してクリスチャンとなる。1987年に長女を天に送る経験を通して生まれた曲「父の涙」は多くの方々に愛聴され、また歌われている。
 1996年にソロとなり、CD「ぺトラ通り」、「永遠鉄道」を発表。2000年6月に久々のソロアルバム「HEAVENLY」を、2002年には「The Season Of Joy」をリリース。教会でのコンサートの他、ペトラストリートとのライブ活動や、関根一夫牧師と「歌声ペトラ」という新しい賛美歌を歌う会を開いている。2004年9月ソロアルバム「ふたつのJ」をリリース。
 2006年CD「HEARTSTRINGS」、2007年、詩画作家、星野富弘さんの詩を歌うCD「ぺんぺん草のうた」、「HEARTSTRINGS」の楽譜を出版。2008年1月、デビューアルバム「スーパー・ムーン」がCDとして再発売。5月CD「横丁のジーザス」発売。また河北新報の微風旋風というコーナーにコラムを執筆。横田早紀江さん作詞の「コスモスのように」を作曲。7月「ぺんぺん草のうた」に続く第二弾の「日日草のうた」を発売。2009年には第三弾「サフランのうた」を発売。


 岩渕由美子
 1953年、宮城県生まれ。高校より親元を離れ、仙台のミッションスクールにて青春時代を過ごす。当時、フォークソングが全盛期にあり、高校2年の時、「ミューズ」というバンドを結成し、リードボーカルを担当。そのバンドメンバーの中に、夫、岩渕まことがいた。
 25歳で結婚、3児の母となる。その後、夫がイエス・キリストを信じ、続いて導かれ、1980年、夫と共に洗礼を受ける。長女を天に送る体験を通して、神の豊かな慰めと励ましをいただき、赦されて生きる人生の素晴らしさを体験している。最近は子供も手を離れ、夫と共にCD制作やコンサートの企画に携わり、招かれて夫婦で各地へ歌いにも出かけている。2007年CD「ぺんぺん草のうた」をリリース。2008年5月10日、横田早紀江さん作詞、岩渕まこと作曲の「コスモスのように」を発売。7月には「ぺんぺん草のうた」に続く第二弾の「日日草のうた」を発売。2009年には第三弾「サフランのうた」を発売。